留学前は「耳をきたえる」勉強をした

留学前は「耳をきたえる」勉強をした

留学前は「耳をきたえる」勉強をした

私がイギリス留学に行った経験から留学前の勉強はしておいたほうが絶対いいと思います。留学前に勉強したおかげで私はイギリスでは何不自由なく生活できました。私が思う留学前に一番必要な勉強は「耳をきたえる」です。

 

何故そう思うかと言うと、イギリス留学してみていろいろ実感したことがあります。それは、日本の英語の授業でいい点を取っている人ほどあまりしゃべれないと言うことでした。

 

これは、後から分かったのですが、英語で優秀な点をとる人は文法が良くできているので、頭の中で完璧な文法を考えているので、会話のスピードについていけてないみたいでした。

 

私はイギリスでは語学学校に通っていました。そこの同じクラスには有名な大学で英語の勉強している人も来ていましたが、それほどしゃべれない人が多くいました。

 

でも、彼女たちは自分たちの英語にとても自信があったため、下手な文法の英語で話すことを非常に嫌いました。日本人以外の外国人は、正直文法はめちゃくちゃでしたが非常に良くしゃべります。

 

文法はめちゃくちゃでもしっかりみんなに理解していました。めちゃくちゃな英語をしゃべっていてもその人たちは、すぐに普通に英語をしゃべれるようになっていきました。後、日本の授業で教える英語には落とし穴があります。

 

授業で教える英語は古いらしいです、日本語で言う古典とまではいきませんが、外人にとって堅苦しく、そんな言葉は使わないそうです。だから外国に行ったらとにかく文法を気にせずに通じなくてもしゃべることです。

 

考えずにしゃべる、ふられたら考えずにとにかく知っている単語を並べるだけでいいのでしゃべる。そうしているうちに会話のこつが分かりしゃべれるようになります。会話を返すためには、最低限聞き取れるようにすることです。

 

すべての文を理解しなくてもかまいません。単語だけでも、聞き取れると返事が出来ます。そのためには会話文を何度も何度も聞いて覚えることがいいと思います。とにかく話さないと上達しないし誰も話しかけてくれなくなります。

留学前は「耳をきたえる」勉強をした記事一覧

留学前は自分の苦手分野を集中的に勉強することが大切

私は大学3回生の時にイギリスの大学へ1年間留学しました。その留学にはTOEFL(PBT)で550点のスコアが必要だったため、留学前は特にTOEFLを重点的に勉強しました。TOEFLはTOEICとは異なり、学術的なトピックで試験が構成されていて経済、社会、歴史、科学等幅広い分野の知識が求められます。ま...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ